園長室から


IMG_2427.JPG


自立に向けて

もも組さんが入園して早くも2か月が過ぎようとしています。
幼稚園生活は大まかには
1登園時の活動(靴を履き替える→帽子やカバンをかける→園服を脱いでかける
2遊び
3お弁当の準備や片付け
4みんなでする活動
5降園時の活動
があります。
それぞれの場面でたいへんだろうな、頑張っているなという場面がたくさんありました。園服着脱時に裏返しになった袖を表に返す時袖口をつかんでひっぱることやお弁当の準備。意外と難しいのがクラス帽子。片手でつばを前にもう一方の手で後ろの縮んだゴムのあたりをもって頭にかぶせる。反対にかぶったり、ゴムも後ろにやってしまったり帽子と格闘するお子さんもいました。
できるようになれば何でもないことかもしれません。
ご家庭ではおうちの方にやってもらっていたことかもしれません。
子供たちにとっては大変なことの連続だったのではないでしょうか。
全部保育者に手伝ってもらっていた子も少しずつ手伝いが減ってきています。みんなとっても偉かったです。そして、一人で頑張ってもできない時の魔法の言葉「手伝ってください」を使えるようにもなってきました。
自分でできることが増えると自信になりますし、さらにもっとやってみようという意欲に結びついていきます。けれど一人で頑張ってやろうとするのも素敵ですけど人の手を借りてできることを増やしていく方法だってあります。自分から人に助けを求めるにも勇気がいるものです。そして、その後の「ありがとう」も一緒に言えるようになっている姿をうれしく感じる5月でした。
これからの子供たちの成長が楽しみです。

園長  鈴木 悦子


(6月園便りから)

20151002-094823.png



☆本園は東京2020オリンピック・パラリンピック教育を推進します☆

20160726-141113.jpg