学校長より

 

合言葉「金町中の良いところを見つけ、伸ばしていこう」
 

   この合言葉を大切にして、良好な人間関係づくりを進め、安心・安全な学校をつくります。これを基盤に、授業や行事、部活動や委員会活動などに全力で取り組み、一人ひとりの良さを伸ばす学校を目指しています。

 人はだれでも良いところがあります。学校やクラスなどの集団でも同様です。しかし、良いところは見つけようとしないとなかなか見つかりません。

 本校の良いところをあげると、「他者に対してさりげない配慮ができること」「上級生がリードして行事に主体的に取り組むこと」「集団で話を聞くときの態度がすばらしいこと」などたくさんあります。

 これから時代、変化の激しい社会を生き抜くためには、いろいろな人と力を合わせて、自分の良いところを出しながら、人の役に立つことが求められます。この合言葉を実践して、人の役に立ち、人の喜びを我が喜びとするような人に成長してほしいと願っています。


 昨年度は本校創立70周年の記念すべき年でした。おかげさまで多くのご来賓や卒業生を迎えて、記念式典・祝賀会を盛大に行うことができました。式典の第二部には卒業生でタレントの平野ノラさんが、祝賀会には元全日本バレーボールチームで活躍した益子直美さんが参加してくれました。本校の歴史と伝統を知り、責任の重さと地域の期待を通感しました。

 今年度は次の80周年に向けて新たな一歩を踏み出します。生徒も教員もチームワークを大切にするとともに、個の資質・能力を向上させて、より良い学校を築きます。

 地域の誇りとなることを目指して努力してまいりますので、厳しく温かい目で見守っていただければ幸いです。

 どうぞ、よろしくお願いします。

 

  校長  伊藤 康嗣