楽しい学校
    地域に愛される学校 

教育目標

 学習指導要領と葛飾区教育振興基本計画の基本理念を基盤とし、人間尊重の精神を育み、確かな学力と豊かな人間性と健やかな体を兼ね備え、みんなで育ち合う「かつしか」で、自信と誇りあふれる人づくりのため、次の学校の教育目標を掲げる。

●思いやりのある子

やさしい心をもち、自他のよさ・違いを認め尊重し、豊かな人間関係を築くことができる子
相手を大切にした心のこもったあいさつができる子

●進んで学ぶ子(重点目標)

 習得した知識・技能を活用し、自ら課題を見つけ、探究し、意欲的に学習に取り組む子

●じょうぶな子

生命の大切さを知り、進んで体力の向上を図るとともに、健康で安全な生活を送ろうとすることが
できる子

●やりとげる子

自分の課題と見通しをもって最後まで取り組むことができる子
困難にあってもあきらめず、粘り強く解決しようと努力する子

楽しい学校の創造

学ぶ楽しさ・友だちとかかわる楽しさ、教師と触れ合う楽しさ

① 学ぶ楽しさ

子どもの「わかるようになりたい」「できるようになりたい」という意欲を大切にし、一人一人の子どもに達成感を味味わわせる授業の創造を目指す。
そのためには、各教科の授業改善、教材研究をはじめ、都や区の研究に積極的に参加し、資質向上に努めていく。

② 友だちとかかわる楽しさ

授業はもちろん、行事や休み時間等、学校生活のあらゆる場面で意図的に友だちとかかわらせることにより、心豊かな子どもの育成を目指す。共に考え、遊び、汗を流すことにより、他者への思いやり・優しさが育まれていく。豊かな心の育成を通じて、いじめや不登校のない学校を創り上げていく。

③ 教師と触れ合う楽しさ

授業中だけではなく、休み時間も常に子供に寄り添い、遊び、声をかけ、様々な個性を持った子どもを高めていく。
子どもが教師に心を開き、安心して何でも語ることができる温かい雰囲気のある学級、一人一人の子どもがクラスの中で存在感を感じる学級を創造する。